fc2ブログ

ソロットオーディオから耳寄りな情報です。

オーディオ関連の新製品、特価品、キャンペーン、音楽ソフトなどの最新情報を提供いたします。

主にアナログレコードの新譜のご紹介です。ご注文を承ります。

2023年1月18日発売
4571177051509-m-01-dl.jpg

ステレオサウンド リファレンス・レコード Vol.10(LP)
ステレオサウンドオリジナル音楽ソフト
販売価格11,000円(税込)
山中敬三 構成・解説

■発売日:2023年1月18日
■品番:SSAR-032/33
■JANコード:4571177051509
■仕様:LP・2枚組、33 1/3回転 180g重量盤
■限定生産
■企画・販売:株式会社ステレオサウンド
■制作・発売:ユニバーサルミュージック合同会社

リファレンスレコードの定番タイトルが
180グラム重量盤LPで登場!

 1990年代初頭より発売してきた『ステレオサウンドリファレンスレコード』。現在ではクリティックスシリーズと称しているカテゴリーのなかでも、とりわけ人気が高い『Vol.10 ドイツ・グラモフォン・ベスト・レコーディング 山中敬三 構成・解説』が、遂にアナログLPとして登場します。本作は90年代初頭、熟成を極めつつあったCDの音を山中敬三氏がオーディオファイルの再生環境を見極める目的で、ドイツ・グラモフォンの最先端のデジタル録音のなかから音質的に優れた楽曲を選曲・構成したコンピレーションです。アナログ録音の手法を引き継ぎながらも、当時の最新デジタル録音機器を駆使して収録・制作された楽曲の数々は、現代のオーディオシステムで再生しても色彩感に溢れる音を届けてくれます。

 クラシック音楽とオーディオ機器の双方を知り尽くした山中敬三氏が選曲・構成した本作は、1曲ごとに聴いてももちろん楽しめますが、アルバム・トータルの作品としても構成がきちんと練られているのが特筆されます。ドイツ・グラモフォン・レーベルの録音の特徴を紐解きながら、オーディオ再生における聴きどころや再生の難しさにまで言及した解説は、オーディオの道標として大いに役立つでしょう。これらのアルバムに収録された楽曲がオーディオ機器でバランスよくスムーズに再生できれば、どんな編成のクラシック音楽を聴いても過不足なく楽しめてしまうに違いありません。

 本作はクラシック音楽におけるアナログ録音の変遷をリアルタイムに体験してきた評論家が、デジタル録音の楽曲を選んでいるところに意義があります。当然ながら、山中敬三氏は聴き手のプロとして、クラシック音楽のデジタル録音も創成期から目の当たりにしてきました。

 ここにお届けするアナログLPは180グラム重量盤の2枚組仕様。カッティングは弊社「アナログレコードコレクション」シリーズでお馴染みの日本コロムビア武沢茂エンジニアが担当しています。見開きジャケットの装丁はシリーズ共通で、フィジカルとしての存在感を十分に考慮し制作。レコード再生を極めた評論家が選曲したこのシリーズは、アナログ再生においてもリファレンスであることに変りありません。


収録曲
[Side A]
ベートーヴェン
1. 序曲「コリオラン」作品62
クラウディオ・アバド指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

シベリウス
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
2. 第3楽章
ギル・シャハム(ヴァイオリン)
ジュゼッペ・シノーポリ指揮
フィルハーモニア管弦楽団

[Side B]
ベートーヴェン
チェロ・ソナタ第2番 ト短調 作品5の2
1. 第1楽章より
ミッシャ・マイスキー(チェロ)
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)

ブラームス
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 作品78「雨の歌」
2. 第1楽章
オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)
マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)

[Side C]
グリーグ
オスムン・オラヴソン・ヴィニエの詩による12の旋律集 作品33から
1. 第2曲:春
アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)
ベンクト・フォシュベリ(ピアノ)

プッチーニ
歌劇「トゥーランドット」
2. 氷のような姫君の心も(第3幕:リューのアリア)
ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
ジュゼッペ・シノーポリ指揮
フィルハーモニア管弦楽団

ロッシーニ
歌劇「アルジェのイタリア女」
3. レチタティーヴォ「ねえ! イザベッラ、どうもひどい連中に捕まってしまったね」(タッデーオ、イザベッラ)
4. 第5曲:二重唱「運命のいたずらに対しては」(イザベッラ、タッデーオ)
アグネス・バルツァ(メッゾ・ソプラノ:イザベッラ)
エンツォ・ダーラ(バス:タッデーオ)
クラウディオ・アバド指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

[Side D]
ワーグナー
楽劇「ジークフリート」
1. おれの歌はすてきなやつを呼びよせたらしい!(ジークフリート、ファフナー)
ライナー・ゴルトベルク(テノール:ジークフリート)
クルト・モル(バス:ファフナー)
ジェイムズ・レヴァイン指揮
メトロポリタン歌劇場管弦楽団

ストラヴィンスキー
バレエ「火の鳥」
2. 火の鳥に魅せられたカスチェイの手下どもの踊り
3. カスチェイらの凶悪な踊り
4. 火の鳥の子守唄~カスチェイの目覚め~カスチェイの死、深い闇
ピエール・ブーレーズ指揮
シカゴ交響楽団














2022年11月25日発売
4571177053084-m-01-pl.jpg

渡辺貞夫 ウイズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ:アイム・オールド・ファッション(LP)
販売価格8,800円(税込)

渡辺貞夫(as, fl)、ザ・グレイト・ジャズ・トリオ=ハンク・ジョーンズ(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds)
録音:1976年5月21日ニューヨーク、ヴァンガード・スタジオ

■発売日:2022年11月25日
■品番:SSAR-078
■JANコード:4571177053084
■仕様:アナログレコード 33 1/3回転 通常盤
■監修・サウンドスーパーバイザー:菅原正二(ジャズ喫茶「ベイシー」店主)
■カッティングエンジニア:松下真也(PICCOLO AUDIO WORKS)
■限定生産
■企画・販売:株式会社ステレオサウンド
■制作・発売:ユニバーサルミュージック合同会社

 イースト・ウィンド(East Wind)は、名プロデューサーとして活躍していた伊藤潔氏、伊藤八十八氏らによって、1974年に日本で設立されたジャズ専門レーベルです。スタート後は、菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、アン・バートン、シダー・ウォルトン、アート・ファーマーら国内外の人気ジャズミュージシャンの作品を矢継ぎ早にリリースし、瞬く間に人気レーベルとなりました。また、演奏やアートワークのクォリティの高さはもちろんのこと、その録音の良さによりオーディオ愛好家からも大きな注目を集め、登場から約半世紀になろうかという今日でもオーディオイベントやジャズ喫茶等でイースト・ウィンド・レーベルの作品が再生される機会が数多くあります。

 この度、ステレオサウンド社が復刻を手掛けるのは、イースト・ウィンドの作品群の中でも特にオーディオ愛好家の人気が高い『アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード/ザ・グレイト・ジャズ・トリオ』(1977年録音)と『アイム・オールド・ファッション/渡辺貞夫ウィズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ』(1976年録音)の2作品です。

 どちらもユニバーサルミュージックの全面協力のもと、オリジナル・アナログ・マスターテープを使用してのオール・アナログ・プロセスでのLPレコード化を実現しています。音質の監修を務めたのは、生前の伊藤八十八氏と深い親交があり、オリジナルリリース時から音質面での相談を受けていたジャズ喫茶「ベイシー」店主の菅原正二氏。その菅原氏のきびしい音へのこだわりに真正面から向き合って、ラッカー盤に音を刻んだのは、東京・湯島でPICCOLO AUDIO WORKSを主宰する若きエンジニアの松下真也氏です。音に一切の妥協をしない二人がタッグを組み、そして松下氏の手によって徹底的にレストアされたスカーリー製カッティングレースとウェストレックス製カッターヘッドの組合せ(かのルディ・ヴァン・ゲルダーと同じ)を用いることによって、まさに「ジャズだねぇ!」という音がラッカー盤に刻み込まれました。ヴィンテージ機器をふんだんに用いながらも現代ならではの丁寧な制作手法でアップデートされたジャズサウンドの魅力を、ぜひともお楽しみください。

■アルバム紹介「アイム・オールド・ファッション」
 1976年5月、単身ニューヨークへ乗り込んだ渡辺貞夫が、前年に結成されたばかりのザ・グレイト・ジャズ・トリオ(GJT)をバックにワンホーンで制作した、スウィンギーな傑作アルバム。オリジナル曲に加えて、チャーリー・パーカーの「コンファメーション」(A面1曲目)やコール・ポーターの「アイ・コンセントレイト・オン・ユー」(B面1曲目)等のスタンダードナンバーが並び、そのジャズの王道を突き進むかのような演奏とともに発売当初からジャズファンの高い評価を受けています。なお、渡辺貞夫とGJTは数多くの共演を重ねていますが、このセッションが記念すべき初レコーディング作品となります。演奏は丁々発止のインタープレイの連続で、盤面に針を落としたが最後、一瞬たりとも聴き逃すことができません。

収録曲
[Side A]
1. コンファメーション
2. ゲイリー
3. 3:10ブルース
4. エピソード
[Side B]
1. アイ・コンセントレイト・オン・ユー
2. チェルシー・ブリッジ
3. アイム・オールド・ファッション
4. ワン・フォー・シー~「樹氷」のテーマ














2022年11月25日発売
4571177053077-m-01-pl.jpg

ザ・グレイト・ジャズ・トリオ:アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード(LP)
販売価格8,800円(税込)

ザ・グレイト・ジャズ・トリオ=ハンク・ジョーンズ(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds)
録音:1977年2月19、20日ニューヨーク、ヴィレッジ・ヴァンガード(ライヴ)

■発売日:2022年11月25日
■品番:SSAR-077
■JANコード:4571177053077
■仕様:アナログレコード 33 1/3回転 通常盤
■監修・サウンドスーパーバイザー:菅原正二(ジャズ喫茶「ベイシー」店主)
■カッティングエンジニア:松下真也(PICCOLO AUDIO WORKS)
■限定生産
■企画・販売:株式会社ステレオサウンド
■制作・発売:ユニバーサルミュージック合同会社

 イースト・ウィンド(East Wind)は、名プロデューサーとして活躍していた伊藤潔氏、伊藤八十八氏らによって、1974年に日本で設立されたジャズ専門レーベルです。スタート後は、菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、アン・バートン、シダー・ウォルトン、アート・ファーマーら国内外の人気ジャズミュージシャンの作品を矢継ぎ早にリリースし、瞬く間に人気レーベルとなりました。また、演奏やアートワークのクォリティの高さはもちろんのこと、その録音の良さによりオーディオ愛好家からも大きな注目を集め、登場から約半世紀になろうかという今日でもオーディオイベントやジャズ喫茶等でイースト・ウィンド・レーベルの作品が再生される機会が数多くあります。

 この度、ステレオサウンド社が復刻を手掛けるのは、イースト・ウィンドの作品群の中でも特にオーディオ愛好家の人気が高い『アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード/ザ・グレイト・ジャズ・トリオ』(1977年録音)と『アイム・オールド・ファッション/渡辺貞夫ウィズ・ザ・グレイト・ジャズ・トリオ』(1976年録音)の2作品です。

 どちらもユニバーサルミュージックの全面協力のもと、オリジナル・アナログ・マスターテープを使用してのオール・アナログ・プロセスでのLPレコード化を実現しています。音質の監修を務めたのは、生前の伊藤八十八氏と深い親交があり、オリジナルリリース時から音質面での相談を受けていたジャズ喫茶「ベイシー」店主の菅原正二氏。その菅原氏のきびしい音へのこだわりに真正面から向き合って、ラッカー盤に音を刻んだのは、東京・湯島でPICCOLO AUDIO WORKSを主宰する若きエンジニアの松下真也氏です。音に一切の妥協をしない二人がタッグを組み、そして松下氏の手によって徹底的にレストアされたスカーリー製カッティングレースとウェストレックス製カッターヘッドの組合せ(かのルディ・ヴァン・ゲルダーと同じ)を用いることによって、まさに「ジャズだねぇ!」という音がラッカー盤に刻み込まれました。ヴィンテージ機器をふんだんに用いながらも現代ならではの丁寧な制作手法でアップデートされたジャズサウンドの魅力を、ぜひともお楽しみください。

■アルバム紹介「アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」
 いぶし銀と評される名ピアニストのハンク・ジョーンズをリーダーとし、マイルス・デイヴィスのバンドで活躍したベーシストのロン・カーターとドラマーのトニー・ウィリアムスによって、1975年に結成されたザ・グレイト・ジャズ・トリオ(The Great Jazz Trio=GJT)。本作は彼らが1977年2月にニューヨークのライヴハウス「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演した際の白熱のライヴを、名手デイヴィッド・ベイカーの録音でとらえたものです。聴きどころは何と言っても、トニー・ウィリアムスのドラムス。特に再生装置のトレース能力が問われる、A面1曲目「ムース・ザ・ムーチ」における繊細かつ爆発的なドラム・ソロは、ジャズ好きのオーディオ愛好家を今も虜にしたままと言っていいでしょう。

収録曲
[Side A]
1. ムース・ザ・ムーチ
2. ナイーマ
[Side B]
1. フェイヴァーズ
2. 12+12














2022年11月30日発売
4571177053107-m-01-pl.jpg

テレサ・テン:愛人(LP)
販売価格8,800円(税込)

■発売日:2022年11月30日
■品番:SSAR-080
■JANコード:4571177053107
■仕様:33 1/3回転 180g重量盤
■限定生産
■企画・販売:株式会社ステレオサウンド
■制作・発売:ユニバーサルミュージック合同会社
テレサ・テン 作品ラインナップ

1985年オリジナルのアナログマスターテープから名匠 武沢 茂が入魂の最新カッティング

収録曲
[Side A]
1. 愛人
2. 雨に濡れて
3. ノスタルジア
4. 驛舎(ステーション)
5. I LOVE YOU
[Side B]
1. 乱されて
2. ミッドナイト・レクイエム
3. 愛は砂のように
4. 夕凪
5. 今でも・・・・・・

●カッティング エンジニア:武沢 茂(日本コロムビア株式会社)














2022年11月16日発売
4571177053008-m-01-pl (1)

中森明菜:歌姫 -Stereo Sound Selection- Vol.6(LP)
予約販売価格8,800円(税込)
■品番:SSAR-076
■JANコード:4571177053008
■仕様:33 1/3回転 180g重量盤
■限定生産
■企画・販売:株式会社ステレオサウンド
■制作・発売:ユニバーサルミュージック合同会社

テーマは〈ONE NIGHT ILLUSION〉
突出した編曲と中森明菜の歌声が独自の世界を生み出す全8曲

「歌姫シリーズ」は1994年に始まり、日本が誇る名曲の数々を斬新なアレンジの下、中森明菜が表現力豊かな歌声と類稀なるセンスで歌いこなしてきた人気作品です。これまでの累計CDセールスは150万枚以上といわれています。彼女の歌い手としての新たな魅力に迫るため、日本を代表する編曲家たちが原曲の魅力に異なる角度から光を当てています。中森明菜がそれに応えることで、多くの名曲がオリジナリティ溢れる歌唱で次々と蘇ってきました。「歌姫シリーズ」のアナログレコードはその底知れない魅力を、既発のCDとは一味違った音で楽しんで欲しいと考えたステレオサウンドのオリジナルレコード企画です。

ステレオサウンドのオリジナル選曲・構成による中森明菜のアナログレコード第6弾となる本作は、誰もが一度は耳にしたことがある曲ばかりを8曲収めています。「色彩のブルース」「魔法の鏡」「瑠璃色の地球」の3曲は、「歌姫シリーズ」でお馴染みの編曲家・千住明が新たな魅力を注ぎ込んでいます。中森明菜は千住明による編曲の意図をくみとりながら、独特の世界観で歌いこなしています。たとえ原曲を聞いたことのない方でも、彼女の歌唱力に惹き込まれていくことでしょう。鳥山雄司・編曲の「スタンダード・ナンバー」、「そして僕は途方に暮れる」、森村献・編曲の「真夜中のドア~ stay with me」、竹上良成・編曲の「接吻」、そして村田陽一・編曲の「面影」に耳を傾けても、中森明菜色に染め上げられた歌唱が味わえます。

この奥深い音楽とサウンドの魅力を存分に感じてほしいと、本作ではLPカッティングを松下真也氏(PICCOLO AUDIO WORKS 主宰)に委ね、レコード会社が保管してきたオリジナルマスターの持ち味を巧みにアナログレコードの音溝に刻んでいます。気鋭エンジニアのセンスが貫かれた本作を通して、中森明菜ならではの歌の魅力をたっぷりとお楽しみください。

収録曲/オリジナル・シンガー
[Side A]
1. 色彩のブルース EGO-WRAPPIN’
2. スタンダード・ナンバー 南佳孝
3. 魔法の鏡 荒井由実
4. そして僕は途方に暮れる 大沢誉志幸
[Side B]
1. 瑠璃色の地球 松田聖子
2. 真夜中のドア~ stay with me 松原みき
3. 接吻 ORIGINAL LOVE
4. 面影 しまざき由理

※Side A 2曲目「スタンダード・ナンバー」のイントロおよびアウトロには曲の演出上、レコード針がアナログ盤をトレースする音が入っております。ディスク(商品)のノイズではありませんので、お含みおきください。

●カッティング エンジニア:松下真也(Piccolo Audio Works)
スポンサーサイト



  1. 2016/10/01(土) 14:11:02|
  2. 音楽ソフト
  3. | コメント:0

カテゴリ

未分類 (4)
特価品情報 (1)
キャンペーン (1)
音楽ソフト (1)
新製品情報 (1)
価格改定 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する